« 東日本大震災に深く考えさせられて | トップページ | 発達障害って何!! »

2011.07.21

おめでとう!なでしこジャパン

 女子サッカーワールドカップでのなでしこジャパンの優勝は、震災で苦しむ日本に勇気と感動を与えてくれた。国民みんなが感激したと思う。サッカーは、男子のスポーツと思ってきた年代ではあるが、今回のなでしこの活躍は、ほんとうに感動した。
 私がほんとうに観戦したのは、スウェーデンの試合と決勝のアメリカ戦。ドイツ戦は、ニュースでしかみていない。実は、ドイツ戦のとき、おそらく負けると思っていたし、ここまで来ただけですごいこと、と思っていた。ところが、延長の末、ドイツに勝ったという報に、思わず拍手。これは、応援しなければということでスウェーデン戦をみた。先制され追いつき、さらに後半の2得点は、ほうとうに拍手、拍手。そして、決勝。アメリカ選手の大きさ、ドリブルでの速さ、川澄という選手が速いと思っていたが、それ以上にアメリカの選手は速かった。立てば、首一つ、大げさにいえば、胸あたりまでしか届かない日本選手。これだけ見ても苦戦は、想像できた。アメリカの怒涛の攻撃がなかなかゴールを割らない。日本がなんとか先取点をと思っていたが、結局アメリカが先に1点。ここまでか、と思ったときに、宮間選手の同点ゴール。拍手。そして延長戦、ここでもだめかと思ったときの沢選手の同点ゴール。沢選手のゴールは、素人の私にもほんとうに技術の高いキックに見えた。
 PK戦での沢選手のあの祈るようなシーンが特に印象に残っている。
 日本の勝因は、マスコミで報道されつくされているのだろうし、私たちでは、想像できないほど厳しい練習の成果だろうと思う。それにしても、優勝という結果に、18日の朝は、なんとも高揚した気分だった。
 すべてを自分の村の行政と関連付ける癖がついている。今回のなでしこの活躍は、日本女子の体格、特性をきちんと把握、分析し、自分たちができることを愚直にやりぬいた結果だと思う。身長が足りないから、足が遅いから、比較してもどうしようもないことを理由に、負ける理由づけを「私」ならするのだろう。うちの職員もそうなのだと思う。30年もかかって世界の頂点に立った。そういえば、過疎と言われて40数年、そのなかで、私は、何か結果をだせたのだろうか。
 もう一度自分たちの村の実力を分析し、その力をどのように発揮すれば、前進できるのか、やらねばならない。こんなことを教えてくれたなでしこジャパンであった。
 あの沢選手の明るく堂々としたキャップテンシー。選手を鼓舞するために自ら先頭に立つ姿は、ほんとうに立派であった。やっぱり、私自身が走り回らなければ、とも思った次第。女性を鍛えることは、大変難しいという。それをやってきた佐々木監督もまたすばらしい。
 私は、わが村の弓道女子チームに「なでしこ泰阜」という名前を推せんし、チーム登録するが、泰阜村役場もなでしこ泰阜にしたいなあ、と思ったが、今の状態では、本家に失礼ということか。

01:22 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21398/52267781

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!なでしこジャパン:

コメント

コメントを書く