« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010.10.26

政治家の言葉から考える

 10月26日付の朝日新聞朝刊に、鳩山前首相の次期衆議院選挙出馬を辞める辞めない発言に関し、かなり強烈な批判が載っている。総理大臣を辞める時、小沢さんを道連れにしたし、次期衆議院選挙にも出ない、と言い、政治家の引き際としては潔いと感じた。私同様、総理大臣としての仕事ぶりは別にして、引き際としては、立派と感じた人も多かったと思う。この鳩山さんがおかしくなってきたのは、今回(管と小沢の争い)の民主党代表選あたりからだった。道づれで小沢幹事長を引きずり降ろしたものの、代表選に出るといった小沢さんを支持するのは、理解できた。小沢あっての鳩山総理誕生であり、その恩義を感じているという気持ちのことである。そのうち小沢、管の調整役を果たそうとしたのだろうか。私には、伝書鳩のように見えたが、たぶん、あっちへ行き話を聞いてもっともと思い、こっちへ来て話を聞いてもっともと思い、考えているうちに、小沢対管の対立(?)というか、対決は、避けられなくなった。調整というより、火に油を注いだようなものだったのではないか。
 次に、今回の次期衆議院選挙への出馬である。まだ、やらねばならないことがあるという。それは、あるだろうけれど、あのとき辞めると言ったのは、一体何だったのか、ということになる。人間だから間違えたり、決意を変えることはたくさんある。私は、そういう朝令暮改的な人間が、人間らしくて好きである。それにしてもと思う。
 東京大学理学部で学び民主党の代表として君臨し、政権交代を果たし、圧倒的多数の国民の期待を受けて、総理大臣に就任した。その立場でできなかったことが、一政治家としてできるのだろうか、これが率直な疑問である。普天間の問題だって、もう一度日米安保条約を見直し、新たに日本の防衛を考えるといえば、できたのに、と思う。これは、政権交代したからできること。公務員給与のカットにしても、政権交代したときならできたのではないか。どうせ辞めるなら、鹿児島県阿久根市の竹原市長くらいやって、やめてほしかったと思っている国民も多いはずである。批判ばかりでなく、同情していえば、きっと性格がやさしい、うんと人のいい人なんだろうと思う。
 では、翻って自分はどうか。鳩山さんを批判する資格はなさそうである。4年前の村長選挙のとき、これが最後の4年といったが、結局それは反故にして5期目の今日を迎えている。先輩から、「政治家は、出処進退について先のことを語るな」とよく注意されていたにもかかわらず、その時の感情でしゃべってしまう。これがよくない。政策的なことでも、わかるまで説明しようと思ってしゃべる。多く言葉を使えば、使うほど、墓穴を掘る。決断は、黙って実行することが大切である。隣の村長に、公務員出身の町村長は、まず議論ばかりで結論出すまで時間がかかる。それでも結論が出ればいいが、議論するだけで時間の無駄だ、ということを言われるが、あながち外れていないように思う。
 鳩山さんが批判された新聞記事を読みながら、政治家の言葉は、大切であることと、しゃべっていいことと悪いことの区別をつけなければと。還暦を迎えても、イラ管ならぬイラ松で、一言言わないと納まらない性格も改善する努力をしなければとも感じている。悪気のない、優しい鳩山さんが総理大臣であるような国であってほしいと思うのだが、この難局、誰が総理大臣でもそう簡単に舵をきれるものでない。
 私は、村の仕事に関し、村長辞めてから回顧はいいが、いろいろ言うのだけはやめようといまから言い聞かせている。村長のときにやってできないことが辞めてからできるはずがないからである。それは、実行する力がなかっただけのことで、力の無さを内外に知らしめているだけになる。だから、管首相も阿部知事も私もやりたいと思ったことは、いまやる以外にない。片山総務大臣も、知事を辞めてからテレビでかなりのことを言ってきた。だから大変だと思う。政治家は、やはり今やろうとしているそのことだけを言えばいいのだろう、そうすれば具体的であるし、相手にも届くと思うのだが。

03:00 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック