« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.02.05

横綱朝青龍の引退に思う

 貴乃花理事当選の中でも、封建的な相撲協会の改革、日本の文化としての相撲道の躍進などに期待している趣旨を述べましたが、相撲道に関していえば、それは、朝青龍の存在を意識してのことです。高砂親方の指導力不足、つまり師匠と呼べない親方であることは、衆目の一致するところのようですが、その親方が会見で「朝青龍。そのまんま・・」と述べている。数々の問題行動も、まさに朝青龍らしい、ということで、それは、子供のときも、日本へきてからも、関取になっても、横綱になっても、そのらしさを失わなかったということでもあります。
 私は、村長に当選したとき、庶民のまま、このままの村長でいよう、と思いました。いまでも軽トラックで通勤していますが、いまでこそみんな当たり前だが、就任当初のころは、村長が軽トラックでは、という声も聞いた。集落へいけば、一区民で、区長のもとで与えられた役割を果たす。家では、わずかの水田を耕す。風呂の薪もつくった。つまり、村長という肩書に、自分を合わせることはやめよう、と考えてきました。そう考えると、朝青龍も横綱という肩書でなく、自らを「いままでにないタイプ」と称しているところをみると、自らのスタイルで戦ってきた、という自負があるようだ。これがいいのかどうか、ということになります。
 日本の伝統文化は、神に通じ、そこには、人間の奢りを超えた敬虔な思想がある。それを作り上げたきた日本人の心こそ、日本という国の礎ではないだろうか。私は、弓道をライフワークとしているが、弓矢は、狩猟道具から、戦の武器になり、鉄砲の出現でその役割は消えた。しかし、武器としてではなく、人間修養の道として発展させてきた。実は、武器の時代でも、それが仁の道であるという考え方があったのですが。そして弓道も経験を積めば積むほど問題にされるのが、射品、射格、これに人格を加え、品格が問題とされます。これは、弓だけではなく、柔道、剣道、その他武道も同じです。相撲もまさに、そうであると思います。
 武道では、勝負に勝っても、敗者にも気を配り、まずは、試合をさせていただいたことに感謝し礼をします。相撲も勝ち名乗りを受けて、互いに礼をします。その前に「ガッツポーズ」をすることは、礼を失していることになります。朝青龍が懸賞金を受け取るとき、いただく、という感謝の念はなく、自分の分け前をわしづかみにする、というようにみえます。つまり、内館牧子さんが言っているように、日本の文化に守られた伝統の相撲道で、一時代を築き、財をなしたのだから、その文化を守り、その心を理解すべきです。それが理解できなかった。それは、そのまんま横綱になったという問題とは、違います。相撲界の最高位についた横綱は、相撲道が守ろうとしてきたものは何か、なぜ、礼を大切にするのか、そのくらいのことは考える必要があります。わからなければ、教える人がいります。教えてもだめなら、やめる以外にありません。今回の朝青龍の引退(事実上の解雇)は、同情の余地がありません。
村長の仕事は、公共の福祉に資する、いってみれば、住民の幸せのために骨を折ることです。雪が降りました。職員に「自分の家の雪かきは、あとになっても、まず住民生活に支障があるなら、その除去のために動くことが先。公務員の仕事は、滅私奉公といわれる。まさに、私を捨てなければならない」といった話をした。私も村長としての品格もなく、そのまんま村長をやっていますが、自分のことではなく、住民サービスこそが行政の仕事、という考え方だけは、いつも確認しそれを成長させなければ、それくらいのことは考えています。
 朝青龍のあの戦いぶりをみていると、格闘技に向いています。ルールのしばりがない格闘技で、相手が倒れてもさらに攻撃したり、派手なガッツポーズをやってくれればいいのです。モンゴルへ帰り、銀行の頭取でもいいのでしょうか。しかし、相撲道に身を置いた人間として、相手を思いやる心や礼を大切にする行動をしてほしい、それがないとしたら、相撲に強かっただけで、相撲から何も学ばなかったことになります。
 さて、ヒール役がいなくなり、相撲人気が落ちる懸念がされています。落ちていいと思っています。これからが貴乃花をはじめ、若い親方衆が結束して、ほんとうに魅力ある相撲界にしてほしいと思う。弓道では、「人に感動を与える射」を理想としています。弓を引いてきて離すだけのことで、感動を与えることができるだろうか、それでもそれを求められます。私の腕では、一生そんな弓は引けないと思いますが、目標はそこです。相撲も時間をかけて、ほんとうに我々が感動するような取り組みを実現してほしいと思います。朝青龍を引き合いに出しての人気保持は、いまの政治にように、支持率やマスコミ論評だけに振り回される軽薄なものです。政治も相撲も、世の中全体も、もっと深いところで感動し、感激し、心から拍手を送るようなそんな本物の価値を探したいと思いながら新聞を読みました。

10:25 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2010.02.01

貴乃花親方理事に当選!これからどうなる?

 持ち票7票と言われた貴乃花親方が10票獲得し、理事に当選した。封建的な相撲協会に、一石を投じて、破門されても理事に立候補した親方が当選したことに心から敬意を表したい。無記名投票になったという選挙方法も追い風だったかもしれないが、何より、相撲協会がこのままではいけない、と考えていた関係者がいたということもわかってさわやかな気分になった。さて、これからどうなるのだろうか。過去の事例を参考にすれば、破門されたり、無理に理事になった人は、閑職に追いやられるということらしい。理事会では、たぶん、貴乃花は、孤立するだろうし、その主張は、取り上げられないと思う。名古屋の河村市長はじめ、住民から選ばれたトップでも、反対派が多数を占める議会を相手に悪戦苦闘している事例は事欠かない。住民から選ばれたトップでもそのような状況になるのだから、封建的な相撲協会の理事会は、大方想像できる。しかも、理事長が貴乃花の行動をかなり批判しており、貴乃花も思ったようなことはできないと思われる。
 私は、謀反は、成功してこそ価値があると思っているが、しかし、成功しなくても、自らが一石を投じなければならないときに、結果を顧みず行動するという情熱、若さも高く評価したい。そう考えれば、これは、一門から破門されても立候補したということで第一段階は成功。次に、当選できないと見られていた理事に当選したことで第二段階成功。あとは、理事会でどんな行動がとれるかどうか。
 財団法人でもある相撲協会だから、理事会は、当然公開されるべきだと思う。もしかしたら、いままでも公開されていたのかもしれない。ただ、どうせ大した議論もされない、と思ってきたので興味がなかっただけでもある。しかし、この騒動を機に、理事会議論が情報として流れ、貴乃花理事の発言がマスコミ等で報道されれば、いいのでは、と考える。もともと利権渦巻く相撲興行の歴史があり、それをすべて否定するつもりもないが、一方で、日本社会は、相撲も武道もその倫理性を大事にし、その徳育的効果を大事に育ててきた。だから相撲道という言い方もされる。柔道、剣道、弓道みんな競技でありながら、勝ち負けだけがすべてではない、その取り組みの中で、仁、義、礼、智、信といった人間としての修養を最高目標に掲げてきたと思う。その相撲道を青少年に広め、相撲を日本文化の原点として考えられるような地道な取り組みをしていく必要があると思う。私のような素人でもそう思う。それだけに、横綱朝青龍のような行動は、とても相撲道から外れていると思わざるをえない。貴乃花親方の意見は、聞いたこともないし、どう考えているか分からない。しかし、私の思うことと、そう違わないのではと考えている。他の親方、理事もそんなことはわかっている、というかもしれない。
 今、我々の社会で一番困るのは、わかっている、といって何もしない人たちではないだろうか。相撲協会もこれだけの問題を持ちながら、何ら変わっていくように見えない、ここに怒りを感じたのが貴乃花と思いたい。
 昨日、民法の報道番組をみていたら、相撲日本一を目指してがんばっている女子高校生二人が紹介されていた。そんな皆さんかた期待されて相撲協会になってほしいものだ。
 たぶん、閑職に追いやられ、力も発揮できないと思うが、世論が味方すれば、また違うのかもしれない。年功序列で、相撲が強くて年寄株を持った人でなければ幹部になれない組織、そんな封建的な組織でも、なんとかしたいという若き理事の誕生に拍手を送りながらこれからも応援したい。
 旧態依然とした泰阜村役場も相撲協会になっているのかもしれない。貴乃花理事のことより、わが足元を見つめなおさねばと思いながら・・・・。役場より、自分自身は、朝青龍を批判できるような人間だろうか、とも・・・。

04:03 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック