« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009.06.23

鳩の乱=鳩山総務大臣の辞任(更迭)は

 鳩山総務大臣が辞任をした。事実上の更迭だと思うが、辞任後の世論調査で、鳩山大臣が辞めて、日本郵政の西川社長が何のおとがめなしに残ることに対する反発なのか、鳩山大臣をやめさせる必要はない、という声の方が多く、内閣支持率を下げた。西松建設からみの民主党小沢代表秘書の逮捕で、民主党が支持率を下げた矢先だっただけに、自民党には、打撃のようであった。
 さて、そもそも鳩山総務大臣が辞めることになった原因は、郵政民営化以後の話である。私も最後まで、郵政民営化に反対していた。そういう立場でみていると、いまさら民営化がそのものにも問題があったようなことを言ったり、麻生総理のように、ほんとうは賛成ではなかった、などというような言葉を聞くと、何をいまさらと憤懣やるかたない。郵政の西川社長が悪いというのは、急いで民営化を軌道に乗せるために、いろいろ処理したが、その過程において余りにもいい加減なことが行われていた、ということなのだろうか。かんぽの宿を一括売却したことが、本当に悪いのか、というと、行政現場で長く働いている私など、そういう方法もあると理解を示したい。確かに、安く売ったのに、それを高く転売するようなことは、やってはいけないが、逆に、そのお金で他の赤字施設を埋め合わせるということもあるのではないだろうか。そう思ってみていたので、私の個人的見解では、鳩山大臣も民間会社の社長人事に、あそこまでこだわることはなかったのでは、と思った。しかし、最後まで鳩山大臣は、意思を貫いたのだが、総理大臣の権限を考えれば、鳩山大臣が辞めることしかなかったのであろう。麻生と盟友というが、泣いて馬しょくを切る、という故事ほどの大袈裟な話ではないと思う。
 では、世論調査の結果をどう見るか。これは、喧嘩両成敗に見えなかったからではないだろうか。昨日になって、西川社長も自ら30%の給料カットを言いだしたが、郵政社長が少しくらい給料をカットしたくらいじゃ責任とったことにならない、とほとんどの国民は思う。だから、鳩山大臣は、自らの意思を貫いて盟友総理から更迭された。一方は、どうか。これじゃ鳩山大臣に同情が集まるのも無理はない。
 また、隠れた話だが、日本の金融、経済界のドンである西川社長に、面と向かってやめてください、と普通の政治家では言えないらしい。さすが、鳩山家ということにもなるらしい。
 しかし、こんなことは、政治の表舞台の寸劇であって、郵政で喧嘩する暇があったら、田舎の郵便局の実態を考えてほしい。確かに、わが村も二つの郵便局が残った。これは、約束が守られた。しかし、会社が分割されたため、小さな郵便局にわざわざ仕切りを入れ、郵便を配達する人は、それだけで、いままで、年金通帳や局への用事を頼めたのにそれもできなくなった。また、外交に回る人がいないので、貯金も頼めない。集落の会計など、郵便局は、大変に都合よかったのに。窓口は、局長いれてもいつもは二人、もう「郵便局」というイメージは、消えてしまった。
 黒字の会社で、ユニバーサルサービスを展開しているなら、いまある資源(建物や局員)を有効活用すれば、もっといいサービスができる。これでは、アメリカの国債を買うだけの民営化であったことを証明することになるのではないだろうか。民営化は、もう戻らないと思っているからこそ、いい郵便局であってほしい。泰阜郵便局を利用したり、たまに、よその郵便局を利用するわれわれが、社長に出会うこともない。誰が社長だって関係ないといえば言いすぎだろうか。もっと大事なところを見なければ、自民党も負けるかも知れない。では、民主党か、否、国民から政治そのものが見放されるのではないだろうか。一度壊れて、新たなものが生まれる時代が近づいているのだろうか。

09:29 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック