« 「人生意気に感ず」デーブおめでとう、西武おめでとう | トップページ | 「民意」という言葉を考える »

2009.01.05

平成21年の新年を迎えて

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 昨年、秋から新たな投稿が載らず、何人かの皆様からご指摘を受けました。言い訳なんですが、昨年の10月から12月前半まで、けっこう忙しい日々を送りました。忙しいといっても、民間会社の前線で働いている皆さんのことを思えば、我々の忙しさなどたいしたことはないと思います。ただ、いろいろな行事が重なったり、出張が続いたり、少し考え方をまとめなければならないことがあったり、といった具合で、精神的に余裕がない、という状態だったのです。
 昨年の最大の感動は、長野県下縦断駅伝競走大会で飯田下伊那チームが51年ぶりに優勝したことです。かつて下伊那チームが強いときがありました。その当時、泰阜村からも選手が出ていたようです。なにしろ、私が58歳でトシだなあ、と思っているのですが、前回の優勝は、小学校一年ですから記憶にまったくありません。今回は、泰阜村から二人の選手がエントリー。早野選手は、一区を走りました。宮沢選手は、当日の交代で補欠に回ったようです。それにしても、上伊那、長野、佐久、松本でなく、飯田下伊那が優勝したということでほんと感動しました。12月には、佐久長聖高校が全国高校駅伝を制しました。昨年の二位で、女神が逃げたと思ったのですが、それをばねに優勝したということは、ほんとうに力をつけたということでしょう。
 職員に話したのですが、長聖のエース村沢選手は「辛い練習は、思い出せない。毎日が辛かったから」というような談話でした。我々の仕事で辛いなどということがあるのだろうか。どうしたら地域力をつけられるのか、村が元気になるのか、辛いほど考えてほしいものだ、という思いをこめての私の言葉でしたが、たぶん伝わっていないと思います。私の表現力がないからです。
 去年の秋以上に、今年の実体経済は、大変と予想されています。泰阜の企業も大変なことと思います。その原因は、やはりアメリカ型の新自由主義、新たな金融工学といった経済論理だと思います。アメリカが世界の輸出を支えていましたが、その原資は、借金でした。その借金は、誰のものだかわからなくなり、めぐり巡って世界中で支払うことになりました。
 さて、これからどうするか、です。私は、色紙を書くことはめったありませんが、求められたとき「忍耐」と書きます。自分の人生にこの言葉が一番あっていると思うからです。たぶん、みんなで耐えることになると思います。
しかし、いい時代を経験した我々は、耐えることは苦手になりました。そして、世の中の面倒なことや悪いことを他人のせいにするようにもなりました。
 こんな時代に必要なこと、それは自律です。泰阜村が合併でなく、自立を決めた時の計画は、自律計画という字を使いました。すべての歳出を20%カットすることにし、そのために、まず村長の報酬を20%カットしました。けっこう家計に響いたようです。しかし、そうしなければ、みんなが納得しなかったように思います。
 確かに、総理大臣以下、百年に一度のこの恐慌を乗り切るために、財政規律より、景気対策を優先させよう、とう気概は感じます。また、そうしなければなりません。麻生総理も、みんなでがんばろう、もともと日本は、国力があり、いままでも何回も難局を乗り切ってきたではないか、と言いたいと思います。でも、国民にいま一つ響かないのは、国会議員や国家公務員のかけ声は聞こえても、心が伝わってこない、からではないでしょうか。
 いま、東京の永田町では、国会議員会館の建て替え工事がおこなわれている。いましのげないほどの議員会館でもないと思うのですが。この難局というなら、こういう工事は、中断するとか、国会議員の報酬や国家公務員の給与も10%カットするとか自らも律するという覚悟を聞きたいものだ、というのが国民の本音ではないだろうか。
自治体は、お金を印刷して発行することはできません。だから、収入が減れば、支出も抑える以外ありません。しかし、国と日銀は、あらゆる手段を使って、国の経済を動かすことができます。国民がついてくるような政策ならば効果が出ます。私も定額給付金でなく、2兆円は、次世代の新たな産業(たとえば環境)開発に使うべきだと思いますが、それを待っている人もいるでしょう。だったら、早く実施すべきです。二次補正も今日提案されました。
 野党もこれを通さないなんてことはないでしょうが、それにしても国民の心へ響きません。
 新聞半面を使って、政党の宣伝が出ています。その広告代は、もしかしたら政党交付金かもしれません。約三百億円というお金が交付されています。こんなときこそ、そのお金も減らしたらどうか、と思います。
 かくいう私も総理大臣の立場なら、言えないかもしれません。村長の報酬も減らしてきましたが、カット率を少し回復させてもらおうかな、なんて思っていた矢先でしたから。でも、この状況ではそんなことは、いえません。
 泰阜村は、世の中の景気のいい時も悪い時もずっと低空飛行でした。これからも低空飛行が続きます。
 でも、落ちないでここまできました。今年も落ちない操縦をしなければなりません。今日の(1月5日付)の信濃毎日新聞社説で泰阜村のことを取り上げてくれました。低空飛行の中で、福祉を大事にしています、というとかっこよすぎますが、私も給料もらうけど、村民の皆様も支える施策もやります、ということだと思います。
 今年もご支援をよろしくお願いいたします。
 
 

03:35 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21398/43647092

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年の新年を迎えて:

» vegas technology salut omaha poker vidos from vegas technology salut omaha poker vidos
crueler Yost Ghanian!iniquities Medfield! 続きを読む

受信: 2009/01/07 22:46:34

コメント

コメントを書く