« 小学校の運動会をみて考えた | トップページ | 平成21年の新年を迎えて »

2008.09.29

「人生意気に感ず」デーブおめでとう、西武おめでとう

 9月26日夜、札幌ではあったが、埼玉西武ライオンズの優勝が決定し、渡辺監督の胴上げがあった。もちろん、勝って胴上げしてほしかったが、レギュラーシーズンでの優勝決定の瞬間であることには間違いない。ベンチで泣きながら抱き合う打撃コーチデーブ大久保と渡辺監督の姿に感動した。あのデーブがいる、デーブが泣いている、テレビの中に飛び込んでいっしょに泣きたいような気持だった。
 平成6年に村長に就任した私は、ソフト事業をやろうということでいろいろ考えた。私は、山村育ちで都会を知らず常に「山村コンプレックス」を持っていたし、今でもある。その一つに、田舎にいるといわゆる一流とふれあう機会が少なく、常に半周遅れのような気がするのである。田舎にいても一流に接することができることが必要ということで、まず少年野球の指導にプロ野球選手を頼もうと考えた。その年引退した選手では、パンチ佐藤が有名で、パンチを頼もうということで接触したが予定がいっぱいで断られ、その時、巨人を引退した大久保博元ことデーブ大久保なら交渉可能という結果だった。もともと巨人ファンであったので、では、大久保選手をお願いしようということになり、平成7年5月の連休だったと思うが、第一回デーブ大久保野球教室が実現した。それが終わり二年目、今度は、誰を頼もうかと思っていたら、子供たちがもう一度デーブを頼んでほしいという。私は、野球教室は年々違う人を頼むものだと思っていたし、頼まれた方も二回もいやだというはず、と考えたいた。ところが、デーブは、喜んで二回目もきてくれた。その時のあいさつで、今度は誰にしようかと考えていたが、皆さんの希望でデーブに、と言ったので、いまだに、「村長は、私を代えようとした」といわれる。その後、毎年泰阜へ足を運んでくれる。
 そして、昨年が13回目のデーブ大久保野球教室だった。10回過ぎ、デーブがでかい優勝カップをくれて「デーブ杯野球大会」も開催されて三年目。今年も、日本シリーズになればいけないが、その時は、元巨人の橋本投手が行きます、ということのようだ。もう、私の手は完全に離れ、保護者やデーブ世代の子供たちが高校野球から社会人になりデーブを囲んでの野球教室であり、大交流会になっている。
 一回目茅野へ迎えにいき車できてもらった。デーブいわく「どこの山の中へ連れていかれるかと思った。二度といやだなあ。」ところが子供に接し「これほど真剣に、目を輝かせて野球に取り組み、一生懸命やろうとする子供たちはいない。いま都会では、野球教室慣れで、我々のいうことを真剣に聞かない。泰阜の子供に接し、あらためて野球の原点に戻れた気がする」という。そして、泰阜からプロ野球の選手を、と本気でいう。
 毎年、子供たちを保護者を、プロ野球観戦に招待してくれる。今年は、もちろん西武球場、練習のときグランドにおろしてくれて、球広いをさせてくれたり、本物の練習を見せてくれたという。デーブいわく「もうお金じゃない」と、泣かせることを言ってくれる。昨年、西武のコーチ依頼があったとき、悩んだようだが、一軍の打撃コーチになるということは、子供たちにとっても誇りかもしれないと考えたようだ。彼は、泰阜の子供たちにいう「プロも同じ練習をしている。私は、君たちにプロと同じことを教えている」と。
 そのデーブがコーチになり、「アーリーワーク」という早出練習、徹底的な練習を秋季練習から今日まで、休みなしに続けている。デーブは、途中やりすぎて足を痛めた。それでもやめなかったというか、若手がやめさせてくれなかったのだ。渡辺監督の自由奔放野球が選手の力を引き出したことは事実だが、選手の力がなければ、引き出すこともできない。中島などほんと一流の遊撃手になった。中村もホームランの数の三倍以上も三振しているが、ホームランを打てる打撃技術を身につけたからこそ、監督が狙ってこい、といえる。言った以上、責任は、監督にある、これがわかっている渡辺監督だからえらい。指導者は、誉めなければ、ということが言われる。世の中勘違いがあり、何でも誉めりゃいいような雰囲気がある。そうでなく、苦しい、人並み以上の努力をして、結果を出した時に「誉める」ということでなければならない。努力もしないやつが結果だけ出してほめるなどとんでもないこと。もちろん、少年野球や社会人のスポーツのように、そのレベル、段階で上達したとき、うまくいったときに誉めてやることは、指導上必要で、ここでいうプロの世界とは違う。役場の職員は、行政のプロ集団である。今日の会議がうまくいったといって課長が部下を誉めるようなことではない、そんなことは当たり前。行政も、新しいことに挑戦し、何年も苦労しながら一つのプロジェクトをやり遂げたときに始めて誉める、それがプロの世界。渡辺監督や黒江コーチは、それがわかった上での自由奔放野球で開花したと思う。
 デーブに始めてであったとき、頭のいい人なんだろうなあ、と思った。これが第一印象。毎年、色紙にサインをもらうが、帽子をとってありがとうございます、といってから「我慢」と書いてくれる。5年後、10年後のチームづくりのために始めた指導が、一年目で開花した。シーズン当初、勝てないとき、職員に「批判されるのであろうが大変な仕事に就いたものだ」と話をしたが、杞憂に過ぎなかった。彼の指導、打撃理論が優れているのだろう。それは、野球教室の指導ぶりでわかる。打撃コーチは、10人のうち9人駄目にして、一人育てりゃたいしたもの、といわれる世界のようだが、やはりコーチの実力がないと選手がかわいそうなのだろう。
 デーブは、テレビ番組でアナウンサーが泰阜の子供たちの手紙を読んだとき涙を流してくれたが、今回の大泣きの姿をみて、「人生意気に感ず」という私の大好きな言葉がほんとに似合う男だと思った。短い人生、誰のために、何のために生きるのか、お金のためや自分の老後のためにがんばっているだけじゃ悲しい。
 付け加えるが、数年前、フジテレビの取材をかねて、デーブ野球教室に、渡辺久信氏、駒田徳広氏も来てくれたことがあった。少年野球のあと、大人で試合を行った。私も使ってくれて、渡辺投手のチームで内野を守った。そのとき、ヒットを打った私をみて渡辺氏が「いいバッティングしているね」といってくれた(と思う)。彼の眼力は、正しい。私の草野球人生での唯一の誇りである。
 こころからデーブおめでとう。日本シリーズに出なければ、野球教室に来てくれるのかもしれない。複雑な心境で応援しよう。

11:16 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21398/42631139

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生意気に感ず」デーブおめでとう、西武おめでとう:

» 森部昌弘:ピッチング・スピードアップ!プログラム from お悩み解決web
体を壊さず飛躍的に効果が出せるトレーニングで投球速度が10km/hアップが目標!!『少年からプロ』まで、誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容 続きを読む

受信: 2008/10/22 20:45:15

コメント

de-busan,bujidatoiidesune...

投稿者: yasuoka (2008/12/08 22:08:39)

コメントを書く