« 地方自治は山村から考える | トップページ | ふるさと納税を考える »

2007.03.02

「限界集落」ということ

 もともと限界集落という言葉は使われていたが、その定義までしらなかった。限界集落とは、65歳以上の高齢者が半数以上の地域とか。もう少し、違った基準だったでしょうか。定義は、たいしたことではありません。2月3~4日宮崎県綾町で、第8回小さくても輝く自治体フォーラムが開催されました。これには、そのまんま知事が、あいさつに来てくれました。そのフォーラムの分科会で、兵庫県(だと思うのですが)で、集落調査をやった先生が、ほんとうに多くの限界集落がある、例えば、神戸の近くでも、という発言をされました。私は、それを聞いて、確かに正確な調査は、必要なことだし、その情報も尊い。しかし、限界集落ならぬ、限界自治体に近い過疎の山村で、行政を預かっている人間からすると、そこまではわかりました。では、どうしたらいいのですか、といいたくなる。
 人口減社会に向う中で、コンパクトシティという考え方も示されている。人間の住むところをなるべくまとめ、効率よい運営をできるような街をつくっていこう、というのだが、これも考え方として理解はできる。
 これらを総合して考えると、何かすっきりしないものが残る。それは、解決策が見出せないまま、問題点だけを指摘されているからではないのだろうか。市町村合併は、限界自治体、限界集落が発生する中で、それを国が支えていけないから、近隣の財政力豊かなところに面倒を見てもらえ、ということだった。これも、一つの考え方である。我々の近くでいえば、静岡の北遠地域が、浜松市になった。政令指定都市となり、長野県境のかつての町が、政令指定都市の区になる。そこの隅々まで、支援できるのは、浜松のような財政力があればできる、と思う。ただ、そのことと、そこに住む住民が幸せかどうか、とは別の問題であろう。地方自治は、住民の声を聞き、その住民が幸せに暮らしていけるような施策を実現することだと思う。しかし、これだけ大きな自治体となって、そこがうまく回るのであろうか。これは、合併その後を検証しなくてはわからない。
 泰阜村にも、あと10年で消えていく集落が、最低でも二つはある。だから、いまからその集落住民は、移住させて、効率よくやった方がいい、といえるのだろうか。私は、そこに住む人がいる限り、その人の人生を幸せに完結させなければならないと考えている。それができるのは、行政しかないと思う。最近、その思いは、強くなるばかりである。行政、つまり役場である。役場がしっかりしていることが大切なのである。
 将来、消えていこうと、消えていくまで支えたい、そのためには、なるべく近くに政策決定できる自治体がなければならないのではないか。それが必要なことか、無駄なことなのか、そんな論議が展開されるようになる。私は、泰阜村の村民が、幸せに暮らしてもらうために、行政運営をしようと思っている。借金が多くても、苦しくても、そこに自治体があり、自治があれば、人は安心して生きられるのではないだろうか。限界集落がたくさんあって、大変というだけでなく、そこに生きている人たちを支えることを考えてほしいものである。
 結論は、だから国家として、小規模山村を支えれば、自ずとその問題は、解決するということである。

04:21 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21398/14101892

この記事へのトラックバック一覧です: 「限界集落」ということ:

» adult live cam from adult live cam
「限界集落」ということ 続きを読む

受信: 2007/07/17 20:33:17

コメント

村長の考え方は理解出来ます。
私は、災害支援・防災の団体を運営している羽鳥と申します。隣の天竜村に横浜から今年、移住して参りました。5年ほど前よりこの村に縁を持ち、今年、「山間地防災支援モデルの構築」という主題を抱え移住してきました。
日本の国土の70%以上が山間地です。この山間地が元気にならなければ日本の未来はないと考えております。
国の都合で主導された合併は、過疎地を地図上から無くしただけで何の解決にもなっていないと思っています。この合併の根拠は過疎地域対策費を少なくしようという官僚の勝手な論理であり、現実には合併された後でも人々の生活は、そこに残るのであり、何ら変わらない生活が続いています。いや、むしろ人々の心や村を愛し続けてきた心は段々削がれていってしまうかも知れません。しかし、そういった地域には昔からの文化が息づいていることが多く、人々の暮らしや住む人々の民度、こういった精神的な部分や歴史が地域を支えていたのも事実です。山間地域での生活は楽ではなく自分の子供に同じような苦労はさせたくないと思う親心は理解出来ますが、このまま山間地が限界となっていくことを指をくわえて見ていられませんでした。
まずは今、住まわれている高齢者の方々が安心して暮らせる地域作りを念頭に置き、災害に強い村作りのお手伝いをしたいと思い移住してきたのです。御陰様で阿南町社協さんとは災害支援協定を締結させて頂く事が出来ました。
これからは、この南信州の素晴らしさを発信し、移住者の呼び込みと彼等の定住化に向けた活動をしていこうと思っております。泰阜村も素晴らしい団体が活動しておられ、私も大好きな地域です。隣の村で地域民土に悩まされながらも地道に活動しておりますが、この南信州を元気にするためには高齢者が安心して暮らせて、そして、新しい血を素直に受け入れる風土を構築しなければならないと考えております。
団体のHPはhttp://www.ten-ryu.net/zbn1.htmです。
啓蒙活動として、現在、南信州新聞にて「バードパパの防災ドットコム」という連載を書いております。
お時間がありましたらお目通し下さると嬉しく思います。
始めてのコメントで長々と申し訳有りませんでした。

投稿者: HATORI (2007/04/01 4:21:02)

国家機関の役割は外交と国防に尽きる。
個々の救済は府県、市町村の役目。

投稿者: 竹村健二 (2007/04/30 18:49:59)

国家機関の役割は外交と国防に尽きる。
個々の救済は府県、市町村の役目。

投稿者: 竹村健二 (2007/04/30 18:50:41)

jean.nutria cloudiest courts materials:surveys insights

投稿者: guide (2007/06/04 0:21:59)

◆朝青龍が引退!あの暴行事件の闇に隠された真実が明らかに!


http://asasyouryuu-blog.blogspot.com/

一般的な報道では、「一般人を暴行」して暴言を吐いたりした加害者のような報道をされている朝青龍だが実際は・・・

◆朝青龍が引退!あの暴行事件の闇に隠された真実が明らかに!

http://asasyouryuu-blog.blogspot.com/

投稿者: ◆朝青龍が引退!あの暴行事件の闇に隠された真実が明らかに! (2010/03/13 13:23:03)

◎煌燻(こうくん)木材乾燥は地域や限界集落の活力材

関係各位様

株式会社古代人スガオカ 酋長 菅岡健司と申します。
突然、メールを差し上げる無礼をご容赦ください。
=============================================================================================
◎燃料は、切り捨て間伐材。未利用木材。孟宗竹などでCO2排出量はゼロのため、公共や民間工事で採用。HP.DVD参照
 燃料の長さは、12m以内は切断不要、枝葉を付けた状態でOK。ぺレットやチップなどの加工も不要。煙害もゼロ。 

1=乾燥しながら副産物として70度以上の湯を毎日2000リットル以上も製湯。活用方法は皆さんにお任せ。

2=煌燻木材は国土交通省河川局の護岸に。日本道路公団の遮音壁に。文化庁の三内丸山の掘って柱復元などに。HP参照

3=10月から実施される環境税は課税はされません。▼従来の木材乾燥は課税対象「人工乾燥材が撒き散らす大量CO2」検索を

▼外材の皮つき丸太の消毒剤に、発がん物質含有(オランダ政府)とオゾン層破壊(モントオル議定書)の「臭化メチル」使用。

◎詳細資料及びDVDをご希望の方は下記まで。煌燻(こうくん) 煌(きらめき) 燻し(いぶし)
但し別紙資料やDVDは有償で1000円のご負担でお願いしています。資料請求が多いため請求から4日後着
お問い合わせは 古代人酋長の携帯090-4391-3303かメールにお願いします。 
kodaijin@h8.dion.ne.jp    URL http://www.h4.dion.ne.jp/~kodaijin 必見下さい。

**************************************************************************************************
  地球の健康 人間の健康に煌燻木材
  株式会社 古代人スガオカ 
Ж科学は自然から学び、煌燻は囲炉裏の煙から学ぶ!
  古代人酋長:菅岡健司 携帯090-4391-3303
竪穴住居:〒034-0001 青森県十和田市大字三本木字稲吉121-448
***************************************************************************************************

投稿者: 古代人スガオカ (2012/05/27 10:37:36)

コメントを書く